2009年エントリー初め。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年は非常に「動き」のある一年でした。

ちょいと振り返ってみましょう。

2008-01

超ブラック企業(以前日記に書いた会社とは別)から脱出。

IT企業(今の会社)への内定が取れる。

なんと、新入社員扱い!

4月から東京で研修する事になる。

さて、それまでどうやって生き延びようか・・・

2008-02

とりあえず、土日は派遣で某通信会社の新ネットプランの営業スタッフ。

某携帯ショップでの売り込み。

平日はファミレスでホールのバイト。

なんか、今のうちに経験しといたほうがいいかなって思って。

2008-03

営業、割と上手くいくけど、なんかつまらない。

営業の人、大変なんだねー。

ホールのバイト、お客さんにマジギレ5秒前。

俺っちが客のときは、横柄な態度取らないようにしよう・・・

2008-04

社内研修始まった!

新卒に負けてられるか!!

電話応対とか手馴れたモンだぜ!!!

学生気分でいられるのも今のうちだぜ!?

2008-05

本格的にプログラミングの研修が始まった。

俺っちは地方組なので、Javaか~

どうやら6月で応用コースと基礎コースに分かれるようだ。

絶対応用コースに食い込んでやる!!

でも、君達ちょっと学生気分でいすぎなんじゃ・・・

なんか、張り合いが・・・

2008-06

応用コースに食い込んだ!

グループワークのリーダーに抜擢された!!

高卒文系でも、結構いけるかもなー

でも、来月からの配属はちょいと不安だな・・・

2008-07

名古屋に配属、いきなり客先へ飛ばされる。

しかもC++とな!?Javaやらせてくれぇ~!

と思ったらJavaだった。あれ?

まぁ、良かった。

Strutsはまだまだ勉強不足だけど。

2008-08~10

Javaが7割、VC++が2割、PL/SQLが1割な日々。

開発っていうよりも既存システムの改善。

何年も前のコードやいろんな人のコードを見る。

うん、勉強になります。

でもコメントに「♪」はやめた方がいいと思う。

2008-11

開発終盤、本番移行1ヶ月前の機能修正を任される。

で、そのままなぜか担当者になってた。ウォイ!

2008-12

11月に任されたヤツの中身がカオス。

急いで作ったってのはわかるんだけど・・・。

コレでいいのかなぁ?とか、おい!テーブル更新かかってねぇじゃん!!とかが多発。

それの対応に追われる日々。

こーいうもんなのかな~システム開発って・・・

と思い、ネットサーフィンして、世間のプログラマの実情を探してみる。

そして、この一文に出逢った。

人月の世界の外を見ろ。そこがあなたの主戦場だ。コミュニティに参加しろ。Twitterクライアントを入れて、ブログ界隈で有名なプログラマをfollowしま くれ(followに許可なんていりません)。java-jaにも入っちゃえ。コードを公開しろ。ばかプログラムでもなんでもいいから。気になったブログにコメントブ ログを書いてトラックバックを打ちまくれ。トラックバックに許可なんていらない。

いや、一番初めの日記にも書いたけど、素直にかっこいいって思った。

java-jaってのがあるのは知ってた。

ニコニコ動画の1000speakersでid:yoshioriさんがJava5について プレゼンしてる動画があって

コレ↓

Java 5 以降の Java - yoshiori ‐ ニコニコ動画:Q

それを見て、そういうコミュニティがあるんだな~と思った。

面白そうだとは思ったけど、自分には関係無いと思ってた。

でも。

いますぐ動き出そう。

この一言が響いた。

今じゃなきゃダメだと思った。

動き出したくなって仕方が無くなった。

だから、ここに今こうしてブログ書いてるわけで、

twitter始めて、java-jaにも入っちゃったわけで。

で、早速java-jaに入った効果有り。

twitterで、あ~できねぇ~上手くいかねぇ~って唸ってたら

id:t_yanoさんがlingrにソース載せろ、と。

id:gothedistanceさんと一緒になって考えてくれた。

すっごく嬉しかった。

そして、バグ瞬殺。

バグの原因はしょうもないモノで本当に申し訳なかったけど、

間違いなく、2008年嬉しかった事ベスト3にランクイン。

2009-01

まだまだ、僕のプログラマ人生は始まったばかり。

2009年は、ガンガン燃えていきたいと思います。

改めて、本年もよろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus