Axon is CQRS Framework for Java

Domain層の実装に悩む事が多い。

Web・ORM・DI/AOPと数多くのFrameworkはあれど、 Domain層にフォーカスを当てたものは少ない。 Domain層のFrameworkで有名なものって、無いんじゃないかな?

有名なものが無いゆえに、 日本の大手SIerが「COBOLerでもできる!」とかワケわからんコンセプトで俺々Frameworkを作り出し、 考えないプログラマの増加を促進している気がする。

昨年は、自分もそれを助長した嫌いがあって、 どうしたものかと悩み、ネット上で情報を漁った。

そこで出会ったのが、Greg Young流CQRS - Mark Nijhof 有名なCQRSを、アーキテクチャレベルまで昇華した例。 CQRSとは、物凄くざっくり言うと、Javaで言うSetter/Getterの分離。

惚れたのが、「他のメリット」のチーム間での作業負荷分担。

実装者がピンキリである事を受け入れて、適材適所を実践できる。

全然、「他のメリット」じゃない!

人材配置の明確な指針に成りうる、CQRSアーキテクチャの重要な側面だ。

そのCQRSアーキテクチャを、Javaで実装したのがAxon Framework 実にシンプルで、かつ拡張性が高い。

つい最近、バージョン1.0-rc1がリリースされ、オランダのAmsterdamやNetherlandsでワークショップも行っている模様。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus