ドメイン駆動設計読書会@名古屋#11に参加

2012年12月16日(日)にドメイン駆動設計読書会@名古屋に参加。

今回は10:30から19:00までの長丁場で、 「以前からテーマにしていた宅配システムのモデルをコーディングしてみよう」という主旨。 DDD本は参考書として、たまに参照するぐらい。

詳しくは @you_and_i サンが詳しくこちらに書いているのでそちらにぶん投げ。

私はDartとJavaのプログラミングをした。 Dartのコードはこちらに。

今回、複数の異なる言語でモデルを実装してみたのは私だけだったのだけれど、 JavaよりもDartの方がリズムよく書けた気がした。

Javaで書いたときは、Genericsとかの冗長な記述をするたびに、 頭の中の一時的な領域からモデルが一瞬消えて、 それが異様に気持ち悪かった覚えがある。 (慣れないキーボードって要因が一番かも・・・)

Dartの場合は、型を気にするポイントと気にしないポイントを実装者に任せてる分、 頭の中の領域に言語仕様がズカズカ入ってこない感じ。

・・・実にプログラマっぽくない、実証も何もない感覚的な話だけど、 個人的に無視できない要因です。うん。

まとめ

DDD名古屋、毎回おもしろいです。 今回も面白かったけど、頭をずっとフル回転してた分メチャ疲れた。心地良い疲れ。

「予定と実績」っていうのはよくあるパターンなのだけれど、あまり認知されてないようで、 HARAパターンなどと名付けられてしまった・・・

いずれ、「予定と実績」パターンについて言及します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus