New Dart Editor build 0.5.7.2_r22611

またまたDart Editorがアップデートしている。
おかげ様でブログネタが尽きない。Dart駆動ブログ運用。

原文はこちら


変更点

  • 新しい'Rename Library'リファクタリング

  • 似た名前の関数やメソッドを使ったり、新しいメソッドを生成したりするための新しいQuick Fix

  • 新しいEditorナビゲーションに関連するアクション: Cmd+F6など

  • 新解析エンジンの偽陽性の減少

  • 新しい解析エンジン上の追加の警告とエラーが有効化

  • 新しい解析エンジンの全面的な改善とバグ修正1

注記

  • デバッガは、(interactive_html_config.dart2からの)インタラクティブなユニットテスト構成のユニットテストの実行をデバッグすることができません。我々は正規のuseHtmlConfiguration()3を用いたテスト構成を使用することを推奨します。

  • いくつかのChrome Extensionがデバッガと相性がよくありません。それにはSpeed TracerとWebGL inspectorが含まれています。もしある場合は、無効にするかDartiumからアンインストールすることが推奨されます。


勝手訳終わり。

所感

libraryのリネームは、まだ無かったのか・・・。ファイルのドラッグ・アンド・ドロップでパスを自動変更とかは既にできてましたが。

Navigationが追加されたのは地味に嬉しい。わざわざマウス使うの面倒ですから。
メニューバーのNavigateに項目が追加されてるので、要チェック。


  1. 最後の3つは前回と同じですね・・・ 

  2. Dartらしく、DartEditor上で動作するユニットテストをブラウザ上のVMからも実行できるスクリプトがあるみたい 

  3. ユニットテストの環境をブラウザ上と同じ環境にするための関数。詳細はこちらでどうぞ 

このエントリーをはてなブックマークに追加
comments powered by Disqus